津軽三味線奏者 KIJU KITAMURA

profile

小学五年生より自ら三味線に興味を持ち北村正貴(まさたか)師に師事。
津軽三味線師範の免許を取得する。

津軽三味線全日本金木(かなぎ)大会(青森県)準優勝の実績をもち、NHK民謡番組や高松宮殿下記念 世界文化賞の歓迎行事にて演奏。

現在は奏者として、各地で古典の演奏他、さまざまなジャンルを取り入れた、オリジナル楽曲を作り演奏を行っている。電子機材を使用した新しいスタイルの三味線パフォーマンスが定評。

また、2010年より上尾、久喜、下赤塚、上中里にて自身の教室を持ち後進の育成にも力を注いでいる。

三弦師(さんげんし)としても活動しており自身の三味線工房を持つ。著名な三味線アーティスト達のオリジナル製品の製造やメンテナンスを手掛ける。